今月のトピック バックナンバー

1年の計は元旦にあり

2022年になりました。昨年はコロナウィルスで始まりそのまま終わってしまいました。さらに新年に入っても感染の拡大はとどまるところを知りません。昨年から延期されたオリンピックが予定されていますが、この状況が続いた場合、開催はほぼ困難ではないでしょうか。本当に今年もどのようになるかは予想がつきません。

それでも生活はしていかなければならないし、自分なりの目標を掲げ毎日を過ごしていかなければ大変な年になってしまいそうです。と言う事で2022年1回目のトピックのテーマを『1年の計は元旦にあり』にしてみました。そこで先ずはこのことわざの意味を調べるところから入ってみました。

一年の計は元旦にあり

『一年の計画は年の初めである元旦に立てるべきであり、物事を始めるにあたっては、最初にきちんとした計画を立てるのが大切。』調べてみて改めて正論だと思いました。自分を見直して、目標を立てて実行可能な計画をつくることがベストではありますがコロナ禍の中でどのような目標を立てられますか?人それぞれ目標設定は異なると思いますが、通常の生活環境が保てない中、とても難しいことだと思います。

私はおそらく新年をスキー場で迎えることになるはずです。元旦を出先で迎え、計画を立てるのはうーん… 結構難しそうです。であれば少し早いですが年内に決めておこうと思っています。目標の設定もいくつかに分ける必要がありそうです。

①仕事に関わること
②身体、健康にかかわること
③生活、家族に関わること

①仕事に関わること

昨年携わったお仕事はパーソナルトレーニングの指導、非常勤講師としての学校における教育業務、ビーチバレーに関わる業務、子供の運動指導。今年も変わらず関わっていくことになると思います。昨年は前半パーソナルのお仕事はほぼすべてキャンセルになりました。当然の事とは思いますが。それに合わせて子供の指導やビーチバレー関連もすべてなくなりました。学校の授業も4月、5月は休校でした。今年はどのような生活様式になるのかはまだ判りませんが現時点での状況を踏まえて4月までには対策と準備はしておこうと思います。

②身体、健康にかかわること

ありがたいことに大きな病気やケガをすることなく近年過ごせています。もちろん今年も健康でいれればよいと思います。ですがコロナ禍では予防と対策が必要です。健康に関しては健康診断を受診することは必須ですね。

③生活、家族に関すること

高齢の母と二人で生活している私は自分のこともありますが、家族のことがとても重要になります。 自分自身の生活に関してはお休みの日をつくろうと思います。

項目に分けて簡単に記しましたが、実際は振り返った時に自己評価できるような具体的な目標をあげることが必要ですね。2021年は大きく3つのテーマで目標設定したいと思います。

みなさんはもう新年の目標は立てていますか?どちらにしてもまだまだ続く新型コロナウィルスとの関りは大きな問題ではあります。今年の終わりには今年は良かったねと言えるような年になるようにしたいですね。

ページ上部へ