今月のトピック バックナンバー

栄養素を知りましょう

8月ですね。今年は6月に梅雨明けをして暑い暑い夏が続いています。観測史上初じめてのことや今までは考えられないような台風の動きにより大きな被害が出たり、自然の力に脅威を感じてしまいます。
皆さんは体調を崩したりしていませんか?暑い夏を乗り切るためにも休養と栄養は気を付けたいものですね。
と言うことで今回は栄養素についてお話をしてみたいと思います。

栄養素

栄養素といってもとても幅広くなると私たちの生活に置き換えるのが難しくなるので、主に5大栄養素に絞ってお話を進めてみます。まず、人間はなぜ栄養を摂取しなければならないのでしょうか?当たり前のことですが栄養とは人間が生きていくためのエネルギーであるということです。そして人間の身体を構成している骨格、筋肉などの組織はすべて栄養素によって構成されています。人間が生命維持していくためには絶対的に必要なのが、栄養であるといえます。

5大栄養素を知ろう!

皆さんは5大栄養素はもちろん知っていますよね。タンパク質・脂質・炭水化物・ビタミン・ミネラルのことを5大栄養素といいます。それではそれぞれどのような役割があるのでしょうか。

タンパク質?筋肉や内臓、皮膚をつくる
身体を作っていくためにとても大きな役割を持っているのがタンパク質です。私が始動するワークアウトをいくら頑張ってみてもタンパク質を補給していかなければ筋肉はできません。動くために必要な身体をつくり上げることはできません。また、タンパク質はアミノ酸によって構成されていますが、体内では合成ができないものは必須アミノ酸と言って食事として取り入れなければなりません。
脂質・炭水化物?動くためのエネルギーになる
脂質はとても効率の良いエネルギー物質です。脂質と聞くと悪者のように思われがちですが、身体を動かしていくには絶対に必要な栄養素です。炭水化物(糖質)もエネルギー物質ではありますが脳が活動するために必要なエネルギーは糖質だけになります。身体を動かすためのエネルギーとしては糖質で、肝臓と筋肉中に配分され蓄えられます。
ビタミン・ミネラル?体の調子を整える
ビタミンは体内での合成はほぼできません、そのため食事として摂取しなければなりません。役割は他の栄養素の分解と合成を助ける仕事をしています。ミネラルは人間の身体を構成する元素になります。カルシウムや鉄、ナトリウムなどがそれにあたります。血液、骨、水分などのまさに身体の調子を整える栄養素です。

それぞれの栄養素は私たちの体の中で重要な役割を果たし、毎日の生活が維持できるようになっているわけです。

ダイエット中の女性など糖質カットや脂質、タンパク質の摂取量が少なくなっている人が非常に多いように感じます。 朝はスムージー、お昼はパンとサラダ、間食におやつを食べて、夜は簡単なお惣菜などで済ます。これではエネルギーも足りません、身体を整える機能も低下します。

さらにエネルギーが不足すると筋肉中のたんぱく質を分解合成してエネルギーに変えようとします。このことにより筋肉量が低下し代謝能力も低下します。食べないダイエットは本当にナンセンスで、考えて食べることが最大のダイエット効果につながるわけです。食べないダイエットは筋肉を減らし脂肪を増やし体調を崩す要因となってしまいます。

また、メディア等で取り上げられている身体づくりのコンテスト参加者たちの食生活はコンテスト入賞するための食事であって、一生続けていける内容ではありませんし。過酷なワークアウトをしない一般の人には全くそぐわない内容です。

今年のように酷暑だと食欲をなくしてしまうケースもあるかと思います。ですがそんな時期だからこそしっかりとした食事を心がけたいものですね。

バランスを考えて食事をしよう

私は同じ年代の方と比べると活動量が多いほうだとは思いますが、極端な食事制限などは全くしていません。飲酒もしますし、間食も日によってはします。メインに考えることは上に挙げた栄養素を全てバランスよく取れるようにすることです。自分自身の生活習慣や生活環境、自然環境なども踏まえてしっかりとした栄養補給を、そして人間として栄養補給とは違った楽しい食事をしていただきたいなと思います。

私はこの時期、週末には趣味でビーチバレーをしていますが、水分補給はもちろん、体重コントロールのため炭水化物を減らしているとプレー中にスタミナ切れで、とても苦しくなります。ですからこの時期は特に糖質の摂取量を増やすようにしています。仮に増やしたとしてもエネルギーとして使われるわけですから全く体重が増えることはありません。

先日、日曜日の朝の番組で肉食をテーマに放映されていたものを目にしました。 高齢の方が少しずつ粗食になっていき、お肉をとることが少なくなってくる。という内容だったのですが、お肉(タンパク質)を習慣的に食している80代男性と女性が出ており、その方たちは血管の状態が非常に良いということでした。

栄養素

お肉の食べすぎは脂質を含んでいるので気を付けなければなりませんが、適量を食べることはタンパク質を摂取するにはとても効果的です。炭水化物は比較的食べやすいお料理がたくさんあるので、不足するということはあまりないと思います。 やはり、バランスを考えて食事をして身体活動を増やしていくということが必要です。

まだまだ暑い夏が続きそうですが、しっかりと栄養を摂って体調を崩さないように乗り切りましょう。

ページ上部へ